(報告) インターアカデミア2014 をリガ工科大学で開催

IA2014-September 10, 2014_046国際会議インターアカデミア(IA)2014が、2014年9月9日から12日までの4日間にわたり、ラトビア共和国のリガ工科大学において開催されました。2002年以来、13回目を数える今回は、静岡大学から木村雅和副学長(社会・産学連携担当)、永津雅章創造科学技術大学院長、三村秀典電子工学研究所長ら教職員及び大学院学生、企業関係者、名誉教授等、35名が参加し、さらに中東欧の各協定大学からの参加者を合わせ、総勢160名を越える多数の参加となりました。
 会議では、幅広い学術分野における最新の研究紹介や若手研究者による研究発表や意見交換が活発に行われるとともに、研究者間の交流、親睦を深める貴重な機会となりました。さらに、最終日に行われたショートオーラルプレゼンテーション及びポスターセッションでは、60名を超える若手発表者の中から、本学から参加した大学院生4名が「IA 2014 Young Researcher’s Award」を受賞しました。
 なお、期間中に行われたExecutive Committee会議において、次回(2015年)開催は、2007年の第6回以来、8年ぶりに静岡大学が担当校を務めることとなりました。
 また、本会議開催にあたり、在ラトビア日本国大使館のご後援をいただき、同国内の広報における支援のほか、オープニングセレモニーでは多賀敏行大使のご臨席を賜りました。この場をお借りして厚く感謝申し上げます。加えて、本会議は公益財団法人スズキ財団の研究成果普及助成金の交付を受けて行われました。同財団には、第1回の開催以来、途切れることなく継続してご支援いただいていますことに、改めて厚く感謝申し上げます。
(静岡大学HPニュース 2014.10.03 転載)
DSC05754

更新:2015/4/1

ページ上部へ戻る

Copyright (c) 2007- Inter-Academia Community, All Rights Reserved.